印鑑の歴史と今

 

印鑑の歴史は古い

現在の日本国内では、いまだ印鑑の活用が多く、印鑑の証明書まで活用されています。印鑑は別名、印章や、印、判、印判、印形、印信、などと呼ばれ、印鑑の活用した歴史も、非常に長く社会に浸透しています。その歴史をひも解いてみると、印鑑、印章の発祥は、古代メソポタミアといわれており、護符として活用されるために考案されたのものです。その印鑑、印章は、中国に渡ったって、認証や、権力の象徴などに使われてきたのです。

日本には、中国から日本に送られてきたと考えられている「漢委奴国王」と刻印された金印が、最古のものとされていますが、それ以来活用されています。中世の時代に花押が活用されていた時期もありますが、その後また印鑑が活用されて現在に至っています。印鑑を証明する、印鑑証明の歴史も古く、明治時代にはその制度が確立されているのです。

その為、現在の日本では、登録済みの印鑑などは重要とされていて、普段使用する印鑑とは別のものにしようという考え方から、認印というものができたのです。また書面に修正個所ができた時に、だれが修正をしたのかという意味合いから、修正印というものが考案されてきました。しかし、本来の意味の「印」という考え方であれば、現在の実印がその存在を物語っています。また朱肉の補てんをするのが面倒なので、インク浸透印というものもできてきています。ですがゴム印なのでその印にはバラつきがあり、比較的重要な書類には使えないことがあります。ほかには、公印、社判、落款印、などの活用もあります。その素材は、現在の印鑑の多くは、プラスチック製品が多いのですが、象牙質のものは最高といわれ、乱獲されてきた歴史があります。

○関連情報
インターネットで印鑑を購入の際はこちらの老舗通販サイトが便利です >>> 印鑑

印鑑の意味

印鑑を押されている文書の社会的地位も高く、その活用には、自分の意思の表れとして認められています。印鑑がここまで捺印した者の遺志を受け継ぐというのは、印鑑が持つ印影は一つしかなく、それを他人が持ち合わせるというのはないという・・・

世間に認められる印鑑

印鑑は本人の遺志を継ぐものとして広く世間に認められており、印鑑を使用する人は、印鑑に対してのその材質やデザインなどに非常に敏感になっています。中に書かれている文字に対しての吉凶の部分には、姓名判断や、九星気学などを用・・・